エアロパーツを付けたい人は、、、、。色々な理由があると思います。

とにかく派手な車に乗って、目立ちたい人。
人と同じ車じつまらない。何か他の人と差を付けたい。
付ける予定はなかったけど、カッコいいエアロが発売されたから付けたくなった。
付けたいけど高いから安いエアロだったら。
純正プラスアルファでハーフを付けたい。
買ったエアロだと人と同じだから加工してオリジナルエアロを付けたい。

etc・・・。

色々な理由があります。

ほとんどのエアロパーツは、FRPで作られています。
FRPとは簡単に言えば、ガラス繊維で出来た強化プラスチック。
難しいことは抜きにして軽くて丈夫で安価で加工しやすいのが特徴です。

ほとんどのエアロメーカーはこのFRPで出来ているのです。

日本には沢山のエアロメーカーがあり、やはりメーカーによって色々これまた特徴があります。

どのエアロを付ければ良いか、、、。

やはりお客様が一番気に入ったエアロを付ければいいと思います。

ただ、一番大事なのは、どこで取り付けるか・・・!?

正直、鈑金塗装屋ならどこでも取り付け出来ます。ただ、事故修理をメインとするお店ではエアロの特性は理解してもらえません。

どういう事かと言うと、純正パンバーはツメに引っ掛けてパンパンと付きます。(ものすごく簡単に言うと、、、。)

エアロパーツはそうはいきません、、、。

どうしても穴位置がずれていたり、色々削らないとはまらなかったり、はまったらすごく隙間が出来たりと、、、色々あるんです。

一番大事なの次には仮付です。

まずボディーにエアロが付くか付かないか、、、。
ほとんどのエアロは付きません。
ほとんどのお客様は付いて当たり前と思っている方が沢山いると思います。(車種専用でしょ!)

トップギアのこだわりは純正パンバーのようにエアロを付ける。

まず、塗装の前に仮付け状態で隙間や付属部品が取り付くかチェックします。フォグランプやグリル等、、、。
要は塗装が終わった後に簡単に取り付けできるように下準備します。

エアロの特性を理解できないお店はエアロだからしょうがないと下準備が不十分で終わります。

次にパテです。

エアロを一つの型で何個も型抜きしています。なので、一つ一つエアロでも仕上がりが違います。

一番分かりやすいのが平らな部分がメコメコして、シャキッとしていないんです。
このメコメコした部分や形いびつな部分、よく見ると小さな穴も無数に開いてます。

これをパテでシャキッと修正します。

かなりはしょりましたが、パテの修正をやるかやらないかがかなり重要になってきます。

この修正はエアロを扱わない鈑金屋はやらないと思います。

塗装終了後に取り付けると、まる純正パンパーのように仕上がります。

トップギアでは、過去エアロメーカーのお仕事やショーカー、今は世界的に有名なLBウォークのお仕事、軽カーからスーパーカーまで何百台ものエアロを塗装取付けいたしました。

そして、何より大事な事。

せっか高いお金を出して買うエアロパーツ。

でも、部品代だけではなく、取付工賃も費用が掛かります。
取付工賃は、お客様のご予算もありますので何でも気になる方はお気軽にご相談下さい。

店長・岩田はマイカーでエアロを取り付けてショーに出していました。
そんな経験から色々なアドバイスが出来ると思います。

お客様大事にしている車を私と一緒にカスタムしてみませんか!?
きっと楽しい時間が過ごせると思います!!

 

Copyright (C) 2018 TOP GEAR(by Pit☆1) All Rights Reserved.